一難去ってまた一難

カレンダーが完成して、印刷に回しました。

今月末に仕上がる予定です。

 

今回はとても長かったです。5月くらいに始めたと思います。

3ヶ月も色々悩みながら、作ったので、それなりに良いものが出来たと思います。

どうぞ後期待ください。

 

今は10月末の個展のDMの絵を描いています。

もう締め切りは過ぎているのに、なかなかうまくいかなくて、気が晴れません。

 

まあなんとかします。

f:id:touchme:20210912112239j:plain

海風に揺られて

これからクリニックに行ってきます。

新潟は秋

夕方仕事を終えて、クリニックを出ると、天高く秋の雲が広がっていました。

 

近所の草むらに植えた、ローズマリーの枝を少し頂こうと、夕方に草むらへ行くと

草の密集度がすごく、生き生きして、秋の虫の鳴き声がうるさいほどで、嬉しくなります。

新潟の季節は、夏の終わりを越して、もう秋です。

 

最近もクリニックの仕事を続けながら、合間に作品を作ったり、カレンダーをやったり

しています。

クリニックの仕事は、家に持ち帰ってやる仕事と、クリニックに通ってやる仕事の二通りあります。

家でやる仕事は多い時もあれば、少ない時もあります。

クリニックに通いの仕事も、好きな時に来て良いと、院長先生の計らいで、とても居心地良く仕事をさせて頂いています。

ありがたいです。

カレンダーを作るお金と、10月終わりにある個展の為の費用を稼がねばと、働いています。

 

カレンダーはあと表紙と、細かいところを詰めて、完成です。

とても時間を掛けて制作しています。

f:id:touchme:20210808191022j:plain

穏やかな夕方の海


出来上がりをお楽しみください。

 

恵まれ

 

新潟はあれから、少し雨が無く渇かつしていましたが、豪雨を降らせた前回の台風の影響で、程よい雨が降りました。

廃線跡も再び緑が生々してきました。

廃墟の脇にあった薔薇が、日照りで全部葉を落としたましたが、最近の雨でまた若芽が生えて来ました。

新潟は大変恵まれています。

 

家の軒下にアシナガバチの巣があり、4月頃巣が出来始めた時は、順調に巣が出来上がるか心配していましたが、今はグレープフルーツ大にまで巣が大きくなり、世話をする蜂達が大勢いて、頼もしいことです。

 

よく観察すると、薔薇の葉に付いた多勢の幼虫達(他のハチの幼虫)が大きくなるまで待っていて、丁度いい大きさになったら狩りをするようで、後日見ると大方毛虫が居なくなっているのが、興味深いです。

冬前に

f:id:touchme:20210809145134j:plain

高原の沼に咲くヒツジグサ


巣が空になるまで、無事に巣立って欲しいです。

 

 

雨が降らない

先月27日に上陸した台風の前、新潟は雨が降らなくてカラカラだった。

台風が来て雨を降らせてくれると喜んでいたのだが、予想に反してパラパラ振った程度だった。

その後も気象台は急な雷雨に注意と言うが降らない。

そして連日の猛暑。

草たちはしおれていて、枯れ始めてる

 

3日前のことだった、いつも通る道路脇に沢山のミミズが干からびて、転がっていた

ここは半月前に草刈りをした廃線跡地で、草を刈ったことで、露出した大地に水を保てずに干上がってしまい、たまらずに土の中から出てきたのだろう。

こんな時にも近所の河原で草刈りをしたようだ。

もう少し自然の声を聴いてやるべきだ。

 

人間に生まれてきて、ありがたいことです。

その反面人間ばかりが勝手で、

f:id:touchme:20210731180732j:plain

連日の猛暑


恵まれていて、良いのかと思う。

 

小さなオアシス

住んでいる家の横に、植え込みのできる小さなスペースがある。

僕は自然が好きだから、勝手に生えてきた草も全て愛おしく、水やりをしている。

水遣りをすると、色々な昆虫が驚いて木の葉の裏から飛び出てくる。

ウスバカゲロウやら、スズメガ、バッタ類、ジャガイモの茎にはカメムシが大量に付いていて、一斉にゾロゾロと茎の上の方に移動する。

 

その中に椿の大きな木が生えていて、木陰を作り、この時期には特にホッとする。

僕は散歩する時に、木陰を求めて歩くので、我が家の脇の小道を散歩ルートにしている人もいるに違いないと思い。

夏の暑い最中、環境にも良いことをしていると思っている。

 

周囲の人の中には夏の最中にバッサリと木の枝を落とす家もある。

綺麗さっぱりして良い、という見方もあるが、木も悲しいし、木陰のなくなる僕は悲しい。

そんな人にとっては、このジャングルのような、緑地を快く思わない人も居ると思う。

蚊がいたり、毛虫が付いていたり、そんな事が嫌だという事なんだろう。

 

そんな事は構わない、僕は毎日せっせと水やりを続ける。

 

 

ちょっと前に受賞したMellow Art Awardですが、アプリを充実させているようです。

また進展がありましたら、お伝えします。

f:id:touchme:20210723144012j:plain

タケニ草の花

 

脳内プロジェクト

木曜日は、新潟のBSNテレビの、3時のカルテットというラジオ番組があり、生出演してきた。

ラジオのレギュラーの二人の方が、掛け合いでトークしている時に、「ゲストさんをお迎えします、どうぞ」という声でスタジオに入って行くというのだが、本番最中にノリノリで話しているのを聞いていて、この会話に付いていけるか不安になったが、仕方がない、諦めて出演してきた。

自然に作品を作ってもらう話を聞かれて、答えたり、どうして新潟に来たかを聞かれて答えてと、少し興奮気味のなか、なんとか話すことが出来た。

帰って妻にどうだったか聞いてみたが、大体質問に答えられていたようで、安心した。

どうして新潟に来たかという問いから脱線して、妻との出会いの話をしてしまい、帰ってから妻になじられた。

 

現在服の中での脳内プロジェクトが、複数進行中。

まずクリニックに通っている。クリニックでの仕事と、家に持ち込んでの仕事。

毎日やっている。

これは現実の生活費を稼ぐための、日々の積み重ね。

淡々とこなしている。

次にカレンダー、なかなか進まない。とても時間をかけている。

色々頭にあるが、作業が大変だ。

毎日少しづつ作業をしている。

ホームページにショップを作るので、商品を作っている。

木の葉のスタンプの作品が主で、複数枚同時に製作中。

これも構想段階で、そろそろ写真を撮ったり実際にショップにしないといけない。

10月に海外のコンペに大きな作品(波の作品)を出そうと、考えている。

大きな絵なので、一人でできるかどうか、やってみないといけない。

雨がようやく降ってきて、雨の絵もやらなくては行けない。

10月後半からのアートギャラリー万代島の作品も作らなくてはいけない。

そろそろ個展タイトルや、印刷物に載せる作品を提出しなくてはいけない。

カレンダーを印刷するお金も稼がないといけない。

歩いていて面白い葉っぱを見つけると、ついついイメージが浮かんでしまう。

お世話になっている人に絵を描こうとも考えていたけど、今は無理かな。

そんな具合で常に頭の中がパンパンで、脳内プロジェクトもあれやこれやで、少々混乱気味だ。

f:id:touchme:20210708141118j:plain

赤くなった梅

 

 

 

 

 

そろそろ雨の季節

クリニックの仕事をさせていただき、暮らしています。

新潟は梅雨に入ったが、雨が降らず、雨絵はお休みです。

3日程前にはフェーン現象で気温が上がり、風が強かったので、久しぶりに風の絵を制作する。

相変わらず、思いもよらない画面が現れて、ワクワクします。

 

小さい作品も作ってます。

また紹介出来ればと思います。

 

日本海側も雨が降るそうです。

雨の絵も制作したいと思います。

f:id:touchme:20210702114516j:plain

フェーン現象