陽光をチャージ

今週末は実家に帰り、豊田市美術館で開催中のゲルハルトリヒター展を観に行った。

 

リヒターの作品には興味があり、画集も持っている、何年か前の川村記念美術館での展示も見に行った。

なのに、この作家がなぜリアルな具象画から抽象画に移行したのか、その後多数作られる抽象画はどんな意図で制作しているのか、等々、とても大切なところを知らないでいた。

それくらい、本を読んで確かめれば良いのだが、その機会を持つことも無く、絵もなんとなく観ていた。

今回の展示は日本では16年振りの展示だというので、もう観る機会も余りないだろうと思い、観に行くことにした。

 

早朝に新潟を出発し、長岡辺りでは雪がぱらついていた。

十日町まで来ると晴れて、道中素晴らしく良い天気で気持ちよかった。

翌日も快晴、実家の庭にある盆栽の蝋梅が、陽光を思う存分浴びて、黄色い蕾を膨らませていた。

毎日どんよりしている新潟ではあり得ないことだ。

展示に行く前に、近所に住む叔父夫婦を訪ねると、叔父達も美術館に行きたいという事で、一緒に見に行った。

叔父達は障害者で、付き添いが必要だった。

叔父達を見つつ、絵も見る事になる。

意気込んで絵を見ないところが、逆に良かった。

 

美術館のスペースが大きくて、美しい。

そこに初期の作品から、つい最近の作品まで、具象から抽象から、映像作品と色々な表現の作品が、気持ちよく展示されていた。

偉大な作家もいろんな事に悩みつつ、新たな表現を探していたんだな、あるいはチャレンジしているんだと感じ取れて、勉強になった。

叔父夫婦も絵を堪能したようで、喜んでくれた。

 

叔父達を家まで送った後、山に登った。

山は乾燥して、落ち葉がカサカサしていた。

見晴らしの良い頂上からの、夕陽が美しかった。

明日もよく晴れそうだ。

山頂からの夕陽

 

 

 

 

新年

新年明けましておめでとうございます。

去年は後半、なかなかブログを更新せずに申し訳ありませんでした。

ちょっとした嬉しい出来事、悲しい事、などありましたが、

お知らせするまでもない、とりたてて書かなくてもいいと思い、過ごしてしまいました。

今年は沢山書くことが出来る。

実りのある一年になるよう心掛けます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

あさの光、赤い実と小さな白い椿の花

 

 

雨が降り一休みして、また雨

新潟はとうとう冬の到来です。

日本海側気候特有の雨が降っては止んで、また降り出して。

スッキリ晴れない日が多くなります。

 

カレンダー販売店の紹介です。

白根の白根プレッソさん

shironepresso.net

白根プレッソさんでは、現在星野貴代さんの個展が開催中です。

 

沼垂テラスのS.W.D +s-planさん。

nuttari.jp

長岡のギャラリー、たびのそら屋さん

tabinosoraya2.blogspot.com

たびのそら屋さんでは現在、猪爪彦一さんの個展が開催されています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

日の暮れる前の森の中

 

大波

日展示が終了しました。

短い期間に合わせて、時間を作って観に来て下さいまして、ありがとうございました。

東京からもわざわざ観に来て下さった方もいらっしゃいました。

ありがたい事です。

 

個展が終了して、片付けやら絵を買って下さった方への作品の梱包、配送など、やらなければいけない事があるのですが、今日は久しぶりに海まで行って、絵を波に晒して来ました。

前回6枚のパネルを繋ぎ合わせて、7メートルの絵を波に晒したのですが、失敗でした。

今回はその大きなパネルを分解して、真っ黒のカラーインクで塗り、波に晒しました。

 

今日は北西の風が強く、時々雨が降る空模様で、波も高くなかなか難しいコンディションでした。こんな日は波消しブロックの内側の、穏やかな波の浜でやるのが良いのですが、荒々しい波の往来を観ていたら,大波につい挑戦したくなり、波消しブロックの外側でやる事にしました。

 

引いては寄せる寄せる波を観察します。

何度か大きな波が砂浜を駆け上がります。

その後は大波よりも4、5メートルも低い地点で引き波になってしまいます。

遠くから白い波飛沫を立てながら、勢いの良い波がやってきます。今度の波は大きいぞと思うのですが、引き波に阻まれて失速して、うんと手前で引いてしまいます。

どんな時に大波になるのか、まるで予測がつきません。

そうこうしているうちに、絵を砂浜に置くタイミングが掴めなくなります。

ちょうど大縄跳びで、どうぞお入り下さい、と言っているのに、大縄に入るタイミングが読めずに、ためらう感じでしょうか。

どうににも、こうにも、今が良いタイミングか、そうじゃないのか?

よくわかりません。

次の瞬間、えい置いてしまえ、と絵を浜の真ん中に置き、次の波を待ちました。

次の波が大波でした。

画面の全部が水に浸かりました。

引き波に持って行かれないように、絵をしっかり掴んで踏ん張りました。

 

まあこんなもんです。

千円のカラーインクを4本分を塗ったのですが、一瞬の出来事で、終了しました。

東の空に虹がかかる



カレンダーの販売

カレンダーが出来上がりました。

妻は去年より良いと言ってくれました。

昨日始まった展示でも、お客様の反応が好評だった様に思います。

刷り上がった印刷が大体イメージ通りで、少し高い印刷会社に出して良かったなと思っています。

 

今回のカレンダーは6月後半から作り始めました。

イメージが出来ると、面倒な作業も妥協せずにコツコツ作りました。

一本のチューリップを作るのにもそれなりの時間がかかります。

それを何種類も作ると1日かかったりします。

一度作っては没にしたものもあります。

 

その結果10月の初旬に全てが揃い、印刷に出したけど個展に間に合わないというので、料金を追加してようやく今週の水曜日に出来上がりました。

長かったな。

妻と相談した結果、値段を¥2,000に上げさせていただく事にしました。

大変申し訳ございませんが、どうぞご了承ください。

 

商品は13枚綴りのタンザックカレンダーです。

紙質は少し艶のある、マットコート紙です。

カレンダーには、月の満ち欠けと、二十四節季も表記してあります。

カレンダーのお値段は一冊¥2,000です。

普通郵便でお送りします。

送料は別途一冊¥400頂きます。

二冊は¥600になります。

それ以上の枚数をご購入の際は、随時計算しますので、お知らせください。


カレンダーと一緒に振込先を書いたメモと一緒にお届けします。

普通郵便なので、土日を挟むと時間がかかりますが、3、4日でお手元に届くと思います。

 

商品の事をもっと詳しく知りたい方。

お店で扱いたいという方。

ご購入されたい方。

是非是非、下記メールアドレス迄連絡先、あるいはお名前ご住所を明記の上ご連絡ください。

 

tatsumihouse@hotmail.comです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

現在取り扱っていただいているお店をご紹介します。

 

●ハーブとアロマのお店ハナキクさん

hanakiku-aroma.com

 

●ファトレードの洋服、雑貨を取り扱っているお店リランさん

rerun-tree.jugem.jp

 

●只今展示中の会場スタックボードさん。

stackboard.wordpress.com

 

新潟市江南区にある小さな美術館季さん

gallery-toki.blogspot.com

 

只今展示期間中により、慌ただしくご紹介出来ませんが、落ち着き次第、他の店も随時紹介します。

どうぞよろしくお願いいたします。

2023カレンダー

2023カレンダーの5月の絵



9月25日の続きと個展のご案内

9月25日の続きですが、

次の日絵を回収に浜へ行き、パネルを繋いでいたボルトを外して、砂を払い車に積んだ。

 

作品の出来栄えはイマイチだった。

現れた図像は波の形がわかりにくく、薄ぼけていた。

ダメだった原因の一つは、今回プリンターのインクを使ったのだが、普通のカラーインクに比べて濃度が薄かったか、塗り重ね方が甘かったのだろうか。

単純に、色の出方(濃度)が薄かった。

第二に今迄、地の色を黒一色など、シンプルに塗っていたが、今回は何色かを縞模様に塗ってみた。

すると、本来は波の形を記録する試みなのに、下地の図像のストライプがそのまま現れてしまった。

渚の場所も、時刻(潮の満ち引き)とともに現れる波の形がどんどん変化する事がわかった。

前日にいい波が来ると思っていた場所が、次の日にはなだらかな波になっていた。

紙質の問題もあるかもしれない。

 

素晴らしいチームワークで、良いパフォーマンスが出来たので、作品が失敗に終わったのは残念で、みなさんに申し訳なかったです。

しばらくは独りで、実験を積み重ねて、勉強したいと思う。

 

当面は黒一色で波の形、出方など研究したい。

 

展示のお知らせです。

10月21日(金)から10月29日(土)迄(25日火曜日のみ休廊にさせていただきます。)、ほんポートのすぐ近くにある、「スタックボード」

2023カレンダー10月の絵

個展のご案内



で、来年のカレンダーの販売も兼ねて、木の葉のスタンプの作品を展示します。

時間は11時から18時迄です。

期間中24、26、27、28日の4日間、モビール作りのワークショップを随時行います。

興味のある方はどうぞご参加ください。

 

 

9月25日回送2

2023年カレンダーがようやく出来ました。

2、3日前に印刷に出して、20日頃に出来上がります。

また詳しくご紹介します。

 

9月25日、晴天。

出来上がったパネルを車に積んでみて、パネルが水平にならない事に気がついた。

なんとか、斜めにして車に積み込んで、出かけた。

前日に浜の波の様子を観察して、波が急過ぎない所。

かといって退屈でなくて変化のある所。

渚を、探してある地点に目星を付けておいた。

当日にまた波に晒す場所を、改めて観察して見てみる予定だった。

この日の満潮は12時頃で、16時頃はだんだん潮が引いていく時間に当たった。

昨日と潮の満ち引きの時間が、1時間づつずれていくのをネットで初めて知った。

 

3時に浜について、荷物を全部運び出し、6枚のパネルをボルトで固定する作業に取り掛かった。

浜は少し陽が傾いて、夕涼みに散歩する人、海を眺めている人で賑わっていた。

風が少しあり、パネルが風に煽られて、護岸のコンクリートにパネルが触れたのか、気がついたら紙が破れていた。

仕方のない事だが、少し落ち込んだ。

なんとか連結し終えた頃に、古田さん達が駆け付けてくれた。

当初古田さんと、古田さんのご主人と、僕の三人でトライする予定だったのが、娘さんと、息子さんの家族4人で手伝ってもらえる事になった。これがとても助かった。

その内妻も自転車で来てくれて、撮影に参加してもらう事になった。

 

まずは予定の砂浜迄パネルを運ぶ作業。

7mは思ったより長くて、6枚のパネルをボルトで固定はしたが、風で煽られると連結部分が弱くて、折れ曲がる。

風に煽られながら、みんなでカニ歩きをする。

後で妻の撮った映像を見ると、長いパネルの下に5人の足がちょこちょこと動いていて、ムカデがぞろぞろ移動してるみたいで、面白かった。

休み休み目的の波打ち際まで運び終える。

 

長い画面をどう波に晒して、引き上げるか、話し合いが始まった。

僕は絵を置いて引きずって丘まで引き上げると考えて、引き上げるロープを用意していたが、それだと砂浜を引く時に、パネルの重さで濡れた紙が敗れる危険がある。

という事で、みんなで波打ち際に水平に画面を置いて、波が被って引いたら、また水平に画面を持って丘に引き上げるというやり方で、意見がまとまった。

その間に、僕がボルトでパネルを繋ぎ合わせる作業をしていた時に破れた紙のところを、おにぎりのご飯をこねて糊にして、紙を張り合わせようと古田さんがおにぎりを取りに行ってくれた。

米粒をこねて糊にして、なんとか紙を貼り合わせた。

僕にはない発想で、とても助かった。

波の掛かり具合がどれくらいが理想か、波が7で余白が3とを説明した。

 

じゃあ本番という所で、古田さんがみんな手を合わせて円陣を組み、「いくぞー、おー」

と掛け声をかけて、みんなでパネルを持って、僕が波のタイミングを見極めて、「ハイ」

の掛け声で渚に置いた。

次の波で早くも画面の左半分が9割がた波が被った。右半分は波が来なくて真っ白なままだった。

次の波はうまい具合に右半分だけ波が被った。

7対3の割合が理想的だったが、結局は九割近くが水に浸かってしまった。

引き上げるのも一糸乱れず、みんなで引き上げた。

 

丘の上までみんなで運んで、ブルーシートを掛けて、乾いたら明日引き取りに来る事にした。

夕暮れ時の光が綺麗で、海の向こうに佐渡島がはっきり見えた。

古田さんご主人と息子さんが巨大なシャボン玉を作って、陽が落ちた浜辺に巨大なシャボン玉が飛んでいくのが幻想的で面白かった。

9月24日の浜辺