9月25日回想

9月25日、朝から快晴。

町内の人たちが、今日は良い天気ですねと、声をかけているのが聞こえる。

今日のマイ、イベントのための準備は、大方昨日の夜迄に準備が出来た。

あとは何日も掛けて制作したパネルを車に積み込んで、待ち合わせの16時迄に、関谷浜までそれらを運んで、パネルを繋ぎ合わせ波にトライするだけ。

 

このマイイベントは、9月30日締め切りのコンペに提出する作品の一つとして、制作をしようと考えた。

長さ10メートルのパネルを海の波に晒して、波の絵を作ろうという試みだ。

前々からやろうと思っていたのだが、思い付くのは簡単で、実際に行動しよとすると、パネルの制作から、パネルに貼る大きな紙の事とか考えるだけで面倒そうで、行動するのを後回しにしていた。

中でもその大きなパネルを、海辺で波に晒して、引き上げるのに、どうしても人手が必要で、友達の居ない自分にはなかなか踏ん切れない要因の一つになっていた。

「10メートルのパネルを波に晒して、引き上げるのを手伝って欲しい」

なんて馬鹿げた事を聞いてくれる人がいるだろうか、断られるのが普通だろうと、考えては嫌になり後回しにしていた。

 

9月に入りだんだん期限の30日が近づいて来た。

 

9月の11日に、子供創造センターで古田木綿子さんのワークショップがあり、僕のワークショップの時に手伝ってくれたので、今度は僕の番と、古田さんの手伝いに行った。

古田さんのワークショップは素晴らしかった。

初めに古田さんの水の音の演奏から始まり、子供達のこころをとらえ、古田さん先生に付いて遊ぶ子供たちの姿が可愛らしく、あっという間に過ぎた充実した時間だった。

そのイベントが終わった後で、古田さんと手伝いに来ていたご主人に、マイイベントの事を話して、手伝って欲しいと声をかけてみた。

良いっすよと軽く了承してくれた。

その瞬間から本格的な準備が始まった。

 

まずはパネル造り、造り易さと運び易さも考えた結果、縦154㎝横120㎝のパネルを造り、それを繋ぎ合わせる事を考えた。

10メートルにするには8枚のパネルが必要だったが、いきなりそれを作るより、現実的に考えてまずは6枚のパネルを造り、繋ぎ合わせて7m20㎝にする事にした。

来年のカレンダーがまだ出来ていなくて、頭がモヤモヤする状況だったが木材を買いに行き、暑い中、騒音が出るといけないと作業スペースを締め切って、木材の切断、終わると接着して釘で仮止め。

普段大きいのは一枚か二枚作れば一仕事といったところを、6枚作るとなるとさすがに大変で、何やらお祭りのような1週間。

 

途中台風14号が新潟を通過する。

フェーン現象で35度迄上がって南西の強風が吹き荒れる。

PCで天気予報を見ると今晩から急に涼しくなるらしい。

夜中の1時過ぎにシャワーを浴びながら虫の声を聞いて、夏の終わりを感じて少し切なくなる。

寝る前にはまだ暑かった。

この後雨が降るというので、風の吹き付ける南東側の窓を締め切って、北西側の窓を開けて眠りについた。

朝方暗いうちに目が覚めた、驚くほどの強い風とともに雨、気温が下がり少し開けておいた北西の窓から雨が吹き込んでいた。

風向きが変わるのを実感した体験だった。

 

古田さん夫妻が土日が空いているという事で、24日か25日にイベントの日と予定にして、

次の台風が過ぎて、天気が安定する25日をマイイベント実行の本命にする事にした。

その間クリニックの仕事もこなして、24日までの日割り作業を立てるけど上手くいかないもので、少しづつ予定がづれていった。

ネットで紙を注文して、駅前のヨドバシカメラビックカメラにプリンターのインクの在庫がなく、郊外の家電量販店でインクを探して、上に貼る障子紙がなくて取り寄せてと。何度もホームセンターに足を運び、ギリギリの所で24日の夜、一通りの準備が終わり、25日の朝を迎えた。

 

続く。

25日の朝

 

 

 

 

8月11日回想3

8月11日迄は、まだひと月以上ある。

 

6月30日から、古田木綿子さんとの二人展が新潟絵屋で開催された。

会場に居てお客さんと話をする中で、何人かの人が子供想像センターのチラシを見て、「コロコロアートやった事あるよ」とか「子供達とやった」とか、「学校の教科書に載ってるよ」という意見を貰った。

僕としては、自分のオリジナルな発想だと思っていたので、誰かの二番煎じどころではなく、美術の教科書に載るほどポピュラーな制作技法なんだとわかって、がっかりした。

と同時にますますコロコロに対する、やる気がなくなった。

 

二人展が終わり、次の展示の為の作品制作と、カレンダーの制作で忙しくなってきた。

8月11日のことを、子供たちが楽しめるかどうかと僕が心配しても、それは僕の頭の中の妄想で、当日になってみないとわからないことだ。

と考える事にして、コロコロアートの事は意識的に頭の隅に追いやった。

 

そうこうしている間に8月になった。相変わらずコロコロの事はあまり考えなかった。

ただ定員15名分のパネルに紙を水張りする作業があったので、イベントの4日前から水張りを始めた。

3日前くらいに子供創造センターの方から、当日のスケジュールとそれに対する準備がメールで送られてきた。

それを読んで、だんだん当日の具体的なイメージが出来てきた。

以前試しにコロコロやった物を、物置から持ってきて並べてみた。

案外似たような物が多いので、もっと色々な形状と質感の物を探しに、100円均一の店に行って、転がすと面白そうな物を購入した。

スーパーで、山芋と大根を買った。

 

コロコロで出来た色や形は、それら自体が主役になりにくいところがある。

どちらかというと具体的に描かれた物の背景に似合い、模様として、マチエールとして、その技法が用いられる事が多いと思う。

そこで前日の夜から、鳥や花や魚などをモチーフにした形を用意する事にした。

鳥や花などの形に紙を切り抜き、スプレーボンドで接着出来るようにして、画面にマスキング(目隠し)をする。

その上にコロコロをする。マスキングした所に絵の具は乗らない為、そのマスキングを剥がせば鳥なり蝶なりの姿が浮かび上がる、という仕掛けだ。

ただ口で言ってもわかりにくいので、参考になる作品も作っていたら当日ギリギリ出発の時間になった。

 

8月11日、連日暑い日が続いていた、この日もまあまあ暑い日だった。

13時30分開始の2時間前に子供創造センターに着いた。

打ち合わせをしながら、子供創造センターの方と、新潟絵屋から手伝いに来てくれた方々と準備をしていく。あーだこーだイベントの流れを話し合いながら、机を準備したり、持ってきた作品や絵を並べたりした。

お昼を食べて、絵の具をちょうど良い硬さに水で溶いて、などしているうちに13時20分になりお客さんが会場に入ってきたけど、まだバタバタしていた。

 

残りの作業は他の方がやってくれる事になり、創造センターの方、新潟絵屋の方、僕の順番で挨拶をした。

このイベントのチラシのタイトルが「やまちゃんところがしアートをつくってみよう」だったので、初めの挨拶を「山ちゃんでーす」と入るところを、いつも通り「山口達己と申します」と言ってしまった。

 

司会は新潟絵屋の方がやってくれてとても助かった。

「みんなが持ってきた物を並べて見せて下さい」という掛け声で、みんなが物を持ってきてくれた物を並べて見せてくれた。

複雑な形をしたおもちゃの球体やら、フラフープの小さいような物や、何に使うのかわからない規則正しい穴の開いた金属の円柱やら、ホールトマトの缶詰だろうか大きな缶詰を持って来た子供もいた。

 

最初は子供創造センターの方が用意してくれた、3メートル×3メートルの正方形の大きな紙を床に敷いて、その上を絵の具の付いた物を転がして、反対側にいる人へパスをするという行為。

 

赤い色、黄色、青の好きな色の辺に並んで順番に、好きな物に色を付けて転がしていった。

転がってきたのを受け取った子は、またそれに違う色の絵の具を付けて、パスをくれた人に転がして、球を返した。

色々な色、形の跡が、真っ白だった画面にどんどん増えていった。

最初順番にやっていたが、そろそろ自由にやりましょうということで、みんな思い思いに物に色を付けて転がした。

子供も楽しそうだったが、父兄の方も参加していて楽しそうだった。

僕は何もいう事がなかった、みんなが楽しそうで眺めているだけで、僕も嬉しくなった。

 

次に自分の席に着いて、自分のパネル上でそれぞれが好きなものを転がした。

前日用意したマスキングの鳥や花が役に立った。

用意したパネルの裏と表の両面にコロコロして、制作時間終了間際まで熱中する子もいた。

 

制作が終了し、多分、みんな満足気に帰って行った。

 

子供創造センターと絵屋の方達に、この企画は面白いのか不安だと、愚痴を言った事を謝った。みなさんのお膳立てがなかったら、上手く事が進まなかったと感謝の気持ちを伝えた。

 

制作を楽しむこと、怖がらずにやってみることなど、子供達から教わった。

 

みんなで描いたコロコロの絵(部分)

 

今回みんなでやったコロコロの作品は、8月31日迄新潟市子供創造センターの3階に展示してあります。

タテヨコ3メートルある大きな画面です。

興味のある方はどうぞご覧ください。

 

 

8月11日回想2

子供創造センターでは、新潟絵屋の方と、子供創造センターの所長さんと、担当の方とで

お話をした。

所長さんは以前、雨の絵のイベントの時にもお会いした事があり、和やかにミーティングが始まった。

僕はまずなぜ、この「転がして作品を作る」という事になったかを説明した。

そのあと、実際に試した作品を見せて、作業がいかに地味で、子供達が積極的に制作してくれるか不安だと話した。

それを聞いて他の方の反応は、そうですかじゃあどうしましょうか、他にいいアイデアはありますか、ということになるのを想像したが、実際は違った。

僕が持って行った、何だこれみたいな図像を見て、面白がってくれて、この図像は何を転がしたのか?と聞かれたりした。

 

新潟絵屋との企画の大切な事は、アーティストと一緒に絵画の制作を体験する事にある。

普段接することの無い、山口達己というアーティストと、実際に触れ合いながらモノづくりをする事に意味がある。

と所長さんが話してくれた。

なるほど、そういう風に言われるとしょうがない、この「転がしアート」で頑張る事にした。

 

どんなふうに子供たちと制作をしようか、制作の流れをどうしようか、施設にどんな備品があるのか、など、当日の制作に即した具体的な話が出された。

まず大きな画面にみんなで絵を描く。

次にパネルの表面と裏面に紙を貼り、裏表に作品を作ってもらう。

制作した絵は、パネルごと持ち帰ってもらう。

転がすものは施設でも用意をするが、みんなに持ってきてもらう。

など、意見が出た。

画面を坂にして転がすのではなく、転がる物が画面からはみ出ないように、画面の周りに囲いを作って、画面を手前、奥、右、左に傾けて、転がる物が自由に転がれるようにする。というお話も聞けた。

そう言われれば、今まで画面を壁に立て掛けて傾斜を作り、坂の上から転がり落ちるという発想しかなかった事に気がついて、新鮮だった。

最後に日取りを8月11日山の日と決めて、それまでの大まかスケジュールが知らされた。

帰り道、しょうがないなあ、頑張るか。

とあまり乗り気になれない自分に言い聞かせた。

 

チラシに載せるための画像が必要で、何枚かコロコロで絵を描いた。

今度は画面に囲いを作り、画面上を自由に転がしてみた。

ちょっとずつ工夫したつもりだったが、作品に大きく変化が現れず、相変わらず地味で、この行為は本当に楽しいの?と思いながらの作業だった。

その後も続けたが、作業がつまらなかったので、つい逃げ道を探してしまった。

 

ナンシー、グレーブスという作家がいる、英語で書かれた画集を持っているのだが、彼女の作品が好きだ。

英語なので、どうやって作ったかはわからないが、多分草木や果物など、自然物に色を付けて、紙の上に並べ、プレス機でプレスして、自然物の形を紙に写しとる、といったところだと思う。

プレス機を触る機会が今迄ないが、いつかやってみたいと思っていた。

 

ナンシーグレーブスの画集と、何枚か作ったものを持って、絵屋に行った。

それらを担当の方に見てもらい、コロコロの絵を描く行為がいかに地味かと、その行為を面白そうだと想像するのと、実際にやってみるのと違うんだと、わかってもらおうと訴えた。

その方は、コロコロの絵は面白いと思う。ただ山口さんが乗り気じゃないのが気になる。といってくれた。

子供創造センターにプレス機があるか、センターの方に聞いてみたいということで、絵屋さんがコンタクトを取ってくれて、その日の午後に子供創造センターに行ってみた。

 

子供創造センターの方にも会い、いかにこのコロコロの行為が地味か、子供たちは着いて来れるのか?途中で飽きちゃわないかと、またまた愚痴った。

そのあとナンシーグレーブスの画集を見せて、プレス機があるか聞いてみた。

小さなプレス機があり、これは使えますかねと見せてくれた。

プレス面の最大サイズがB3サイズくらいの小さな物で、今売られているプレス機の中で、最も安くて簡素な物に見受けられるが、使えなくは無いと思った。

子供想像センターの方は、「コロコロの絵は、面白いと思うけどなあ」と言ってくれた。

子供達と作品を作る事に経験豊富な、その人が言うんだから、悪いアイデアでは無いんだろうなと思った。

ナンシーグレーブスの作品も面白いけど、プレスするのに待ち時間が出来てしまう。

とも話してくれた。

確かに短時間のイベントだと、待ち時間は無い方が良いだろうと思った。

 

その日家に帰って、子供想像センターの方に、今日は愚痴ってすいませんでした。

コロコロの絵で頑張ります。というメールを送った。

 

またまた続きです

2回で終わる予定だったんですが、

すいません。

夏の雲 廃線あと

 

8月11日回想

前回のアシナガバチの話の続きになりますが、アシナガバチの巣のあったすぐ向かいの空家の軒下から、たくさんのスズメバチが出入りしています。

距離にして、3メートルくら位でしょうか。

5メートル先の椿の木のスズメバチと、二つのスズメバチの巣の目と鼻の先程の距離に、うちのアシナガバチの巣があったんです。

これではなかなか共存するのは難しかった事でしょう。

 

 

8月11日は新潟市子供創造センターで、新潟絵屋と子供創造センターの共同企画があった。

講師山口達己、「やまちゃんところがしアートをつくってみよう」というお題で、子供対象のワークショップが開催された。

 

僕自身ワークショプは何回か経験があった。

木の葉のスタンプで、栞を作ったり、幼稚園に呼ばれて木の葉をペタペタして、みんなで絵を作った事もあった。

モビール作りも何度かやった。

それらは材料が用意し易く、破綻なく物が作れる。

あるいは完成が予想し易く、大きな失敗が無いところが良かった。

その分大方決まったやり方で、想像の範囲を超えないところが悪くもあった。

 

子供創造センターでも一度ワークショップをしたことがある。

水と土の芸術祭関連のイベント企画で、雨に絵を描いてもらう作品を、子供達に体験してもらおう、というものだった。

イベント当日雨が降ってくれないかと念じたが、雨は降らなかった。

そこで僕が用意した霧吹きで霧を吹いて、雨の替わりにした。

水滴に濡れて絵の具が流れる要素は、雨も霧吹きも変わらないものだが、実際に雨に晒すのとは違い今ひとつ感動に欠ける物だった。

きっと講師の先生が、適度に加減をして、僕、あるいはわたし、の描いた絵に水滴を霧吹きで撒いている。

そのことに感動がなかったんだろう。

 

そんな経験があり、新潟絵屋からワークショップをやって欲しいと声がかかった時、僕が普段から制作している、自然の力を借りて制作する中から、出来る事があるかどうか考えた。

でも実際に海岸まで行って、絵を波に晒しにいくわけにもいかないし、真夏だから雪は無いし、絵を風や雨など、自然条件に任せるのは危険だし、何をすれば良いんだろうと、戸惑った。

少しして、「物を転がして絵を描く」というのが頭に浮かんだ。

以前コンニャクで絵を描いている人が居る。(玉コンニャクに墨をつけて転がす)という話を聞いて、面白いなと思ったことと、僕は絵の具の着いたパネルを雪の斜面に滑らせるというヘンテコな事をやっているのだが、雪で作った球に絵の具を混ぜて、画面上を転がすのもやってみたいと考えていたので、転がして絵を描く発想に至ったんだと思う。

それをやってみたいと話すと、新潟絵屋の担当の方は、面白いと言ってくれた。

このアイデアで行くことに決めた。

 

ここ迄は楽しいことになりそうだと想像をしている段階だった。

実際にやってみなくてはどんなものか少しもわからないので、やって見る事にした。

 

まずは転がすものを探しに、海岸に行った。

砂浜に流れ着いた、松ぼっくりや胡桃、シャボン玉のプラスチック容器など。

家に着いてパネルに紙を貼り、早速試してみた。

まずは墨汁を付けて、松ぼっくりを。

松ぼっくりの先端にだけ紙と触れるので、微妙な点々が記された。

期待したものとは違った、何だかわからない小さな点。

しかも10センチも画面上を移動すると、墨が紙に吸い取られてそれ以降は擦れて、綺麗に跡が出ない、更に何だかわからない点になった。

石ころや、胡桃も変わらなかった。

今考えるとわかる事だが、紙と物との接地点が小さくて、素材自体が吸水しない為、素材に墨を保水出来なくて、紙に綺麗な形跡が出なかったんだろう。

シャボン玉の容器は、工業製品の持つ規則正しい凹凸が現れ、期待してない面白さがあった。

 

少しやってみて、ため息が出た。

この発想を、思いついたまでは良かった。

実際にやってみると、思ったよりも図像が現れないし、一回一回墨をつけて、転がして、また墨をつけてというのは、思ったより地味な作業だった。

 

物に絵の具を付けて、傾斜のある画面の上方にその物を置き、重力に任せて転がり落ちる。

またそれを繰り返す。

線が少しづつ増えていくが、真っ白な画面を埋め尽くすまでには、この単純な好意を何度繰り返さなければいけないのだろう、こんな事を子供達は楽しんでやるのだろうか?と考えるとため息が出た。

 

その2日後、子供想像センターで打ち合わせがあり、試しに作った地味な絵を打合わせに持って行った。

 

続く。

コロコロの絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アシナガバチ

今住んでいる家の南側は小道になっている。

小道の脇には野薔薇が自生していて、こんもり葉を茂らせて日陰をつくっている。

更に道の奥には大きな椿の木があり、昼でも薄暗い日陰を作ってくれている。

夕方にはそこを寝ぐらにする、スズメが休みに帰ってくる。

 

春まもないころ、小道に面した洗面所の窓の軒下に、アシナガバチが巣を作り始めた。

去年も巣を作った所と全く同じ場所に

最初は女王蜂が一匹で、小さな巣を作り始める

毎日観察するが、なかなか巣が大きくて、見ている方がもどかしく心配になる

それからあれよという間に6月になった

そこら中でアシナガバチを見かけるのだが、うちのアシナガバチは女王蜂一匹だけで

巣の中に生んだ子供が孵るのを待っているのか、神経質に巣の周りを盛んに警戒して

回っていた

ある朝、日課の様に巣を見ると、何匹かに数が増えていた。

妻と二人、家族が増えたようで喜んだ。

 

ハチの数が増えて、少しづつ巣が大きくなり、巣の中には新たに子供がいるようだ。

それがふとしたきっかけで、大きな椿の木の茂みの中にスズメバチの巣があるのを発見した。

アシナガバチの巣とは、10メートルも離れていない所に

何だか嫌な予感がした。

 

6月半ば頃妻に呼ばれて見ると、スズメバチが巣に取り付いて巣の幼虫を襲っていた。

丁度いい紙筒があったのでそれで吹くと、スズメバチは驚いて逃げて行った。

 

それからは毎日、アシナガバチの巣が襲われていないか、何度も見回りをする日々が続いた。

ある時は早朝襲われたり、夕方に狙われた時もあった。

スズメバチは涼しい時に活動するのかと思って見ていると、正午にやってきた時もあった。

そんな時にアシナガバチはなす術もなく、巣の裏側に隠れたりして、スズメバチのなすがままにさせていた。

何度か追っ払ったが、そうもいかず巣を壊されて中の幼虫が連れ去られた

それを見るたびに妻と悲しんだ。

そんなことが度々あるので、襲来したスズメバチを捕まえるために、火バサミの先に粘着テープを貼り、スズメバチを捕まえることにした。

それで1度巣に取り付いて、中の幼虫を取り出し、大アゴで丸めているスズメバチを捕まえた

 

それで暫くスズメバチが来なくなり、僕の気も緩んでしまった。

ある朝妻に起こされ、見るとスズメバチが居て、巣が大きく欠けていた

何とか一匹のスズメバチを捕獲したが

その日の巣は様子がおかししく、夕方になっても巣に蜂達が戻らなかった。

次の日も巣はガランとしていたが、二匹だけ巣に戻って来た。

4、5日前の大雨の日、雨に濡れながら二匹は巣に付いていたが

雨が上がると巣から離れ、もう帰らなかった。

次の日アシナガバチの巣にアリの行列が出来ていた。

きっと巣の中にまだ子供が居たので、二匹で世話をしていたのが、大雨で

巣が濡れて幼虫が死んじゃったんだろうか。

それを察知してアリが軒下までやってきたんだろう

 

今日も朝起きると、ハチの居なくなった巣を見る。

洗面所の軒下にあるアシナガバチの巣

 

 

 

 

 

 

一区切り

二人展が終了しました。

暑い中、観に来てくださいまして、本当にありがとうございました。

もう一人の古田さんも素敵な方で、一緒に居て楽しい方でした。

僕がいない時には僕の絵の解説をして下さったようでした。

その古田さんは展示後半の土曜日に、体調不良で帰宅されました。

古田さんの絵の説明も含めて僕が頑張らねばと思っていたところ

日曜日にギャラリーで妙に寒気がして、家に帰るとそのまま高熱が出ました。

その後も僕はギャラリーに行けなくなりました。

展示終了前の月、火、水曜日に観に来てくれた皆様、本人が不在で申し訳ありませんでした。

 

次に進むにあたり、波の絵を製作します。

波の絵は大きな作品を製作したいと思います。

雨の作品を製作します。

インクと自分の相性が良いような気がしています。

漠然としたイメージですが、次に進みます。

夏の新潟港

 

プロデゥース

二人展が始まりました。

いつも個展の時は絵の配置など、自分で考えて展示するのですが、

今回は企画したギャラリーの方が配置を考え、展示してくれました。

自分では考えられない展示の仕方がとても新鮮で、僕自身もギャラリーに観に行くのが楽しみです。

入り口に入ると古田さんの赤い作品があり、会場の雰囲気を作ってくれています。

音楽もそうですが、プロデゥースする人が入ると一味違うものだと感じました。

 

展示は

絵屋入口


7月13日までです。

よろしかったらいらしてください。